龍城ウエディングマタニティイベントで整体体操を開催します!
2019年開催月は。。。8月・12月
詳細・お申込はこちら⇒✿✿✿

2019年06月13日

【認知症と骨盤の関係】


超高齢化社会となり、いかに健康寿命を伸ばすか

が課題となって来ました。


健康寿命とは
日常的・継続的な医療・介護に依存しないで、自分の心身で生命維持し、自立した生活ができる生存期間のこと。
※Wikipediaより



介護が必要となる要因の一つとして、認知症があります。

そこで、気になる認知症について。


認知症は骨盤を整えることで防ぐことが出来る。

骨盤は、やや前傾しているのが良い状態。

ところが、年齢とともに骨盤は開き、後ろへ傾くようになって来ます。

Effect_20190613_173546.jpg
絵心なくてすいませんたらーっ(汗) 左:良い状態。右:いわゆる老人体形。


これを骨盤が下がると言ったりもします。

骨盤が下がると、連動している肩甲骨も開いて下がり、さらに連動している後頭骨までが開いて下がって来てしまいます。

後頭骨が下がると頸椎が圧迫され、神経血液の流れも悪くなり、視力の低下(老眼)、集中力の低下などを引き起こします。

が悪くなるのも同じ理由です。


ある調査によると、

歯が20本以下しか残っていない人は、20本以上残っている人の1.9倍も認知症のリスクが高いことが明らかになったそうです。

歯と脳は密接に繋がっていることがわかりますね。


つまり、骨盤をより良い状態でキープすることで多くの歯を残すことが出来、認知症予防につながるのです。


もちろん個人差がありますから、全ての人に当てはまるとは言えませんが、

出来ることはやっておきましょうよ! と言いたい。


老後は若い人や施設にお世話になる。

ということを前提に過ごすのではなく、

死ぬまで自分のことは自分でやる。


ぐらいの意識を持って過ごして行きたいですね。


毎週金曜日に開催中の体操教室も、参加者さんの平均年齢70歳超え!

みなさん、高い意識で通っておられます。

健康で元気な老後を迎えるために、整体を取り入れてみてはいかがですか?


ネット予約できます↓

クービック予約システムから予約する


posted by 健心整体 at 18:40| Comment(0) | 健康

2019年05月07日

【股関節の異常が改善】


今日、嬉しい報告があったのでご紹介させて下さい。

今年の2月から、月に2回のペースで通われている80歳代の女性。


2年ほど前から右の股関節に異常が生じ、

痛みはないものの、歩いていると時々ガクッとなってしまい歩けなくなる。

とのこと。

整形外科でレントゲンを撮ってみたところ、

股関節の半分が真っ黒。

と言われたとか。。。

大腿骨頭壊死。

というやつでしょうか?

詳しくは分らないのですが、整形外科へ通うも一向によくならず、

知人の紹介で健心整体へ来られたのでした。


瞬く間に、とは行きませんが、

少しずつ改善が見られ、

このゴールデンウィーク中、安城市の丈山苑へ行かれたところ、

「全く症状が出ることなく歩くことが出来た!」

「嬉しいわ〜」

と。

Effect_20190507_162400.jpg
お土産にいただいた丈山苑のパンフレットわーい(嬉しい顔)


本当に良かった。

私も嬉しい限りです。

☆☆☆☆☆

壊死してしまった所は戻らないのかも知れませんが、

周囲の流れと股関節の動きを良くする施術に加え、

ご本人には簡単な体操と筋トレを指導し、行ってもらいました。

本人の努力あってこその改善です。


実はこの方、日舞をやられており、再び舞台に立つ!

という目標のために頑張っておられるのです。

すばらしいですねぴかぴか(新しい)

これからも全力でサポートして参ります!!
posted by 健心整体 at 17:26| Comment(0) | 健康

2019年04月16日

【姿勢を正す時、伸ばすのは背筋ではなく・・・】



姿勢を正す時によく言う言葉。

「背筋を伸ばして」

昔から当たり前のように使われて来ました。

、実は背筋を意識しても、良い姿勢は保てません。


背骨を柱に例えると、土台は腰(骨盤)。

土台がちゃんとしていないのに、上の柱だけ整えようとしても無理があります。


背骨は横から見ると、ゆるやかなS字カーブを描いているのが正常です。

これを生理的湾曲と言います。

腰の辺りでは前に、背中は後ろに、そして首のところでは再び前にカーブしています。

このS字カーブが保たれている状態が“正しい姿勢”なのです。

710425.jpg

まずは腰のカーブを作ります。

コツは、下腹を引いてお尻を軽く突き出すように。

骨盤が少し前に傾いている状態が出来れば、腰のカーブが出来ます。

そうしたら、骨盤の上に上半身を乗せるようにするだけです。



土台=腰が決まれば、上半身は自然と良い形になってくれます。

無駄な力が抜けるので、肩もこりにくくなります。



意識するのは背筋ではなく腰。

これからは

×背筋を伸ばして
○腰を伸ばして


でお願いします。



腰にカーブを作ろうとすると痛みのある人や、うまく出来ない!

という人は、腰のまわりが硬くなっているので、ゆるめることが先決です。


整体体操をしたり、ストレスを減らしたり、過食を控えたりすることでも、腰をゆるめることが出来ます。

※整体体操教室、若干名空きがあります(*^^*)

この姿勢をキープできるようにするには、日々の意識が何より大切です。
posted by 健心整体 at 16:57| Comment(0) | 健康