龍城ウエディングマタニティイベントで整体体操を開催します!
2019年開催月は。。。8月・12月
詳細・お申込はこちら⇒✿✿✿

2019年08月01日

【胃腸の調子が悪い時】


○食欲不振
○胃もたれ
○胸やけ
○便秘
○下痢


などなど、

『なんだか胃や腸の調子が良くないな。』

ということ、ありますよね。

そんな時、どうしますか?

食べる前に飲む

と言って、胃薬や整腸剤を飲みますか?


整体では、胃や腸の調子が悪い時は、

『食べないのが一番。』

と考えます。

20130517140746 (1).png

その理由は

調子が悪い時は、働きが悪くなっている。

ということだから。

働きが悪いところへ、無理に食べ物を入れても負担は増すばかりです。

『今は上手に消化できないよー』

という体からの声なのですから、素直にその声に従えば良いのですが、

『3食きっちり食べなきゃ』

とか、

『食べて栄養付けなきゃ』

とか、

ついつい頭で考えて、何とかして食べようとしがちですよね。


調子が良くないな。

と感じたら、

少し休ませてあげよう。

というくらいの気持ちで過ごしてみて下さい。

大丈夫。

1週間やそこら食べなくても死にませんから(笑)

そのうち回復して来て、腹の底から

『腹へったー』

となったら、消化の良い物から、少しずつ食べるようにしましょう。

__________

食べられない。



食べない。

の違い。


食べたいのに、食べなきゃいけないのに、

食べられない。

と考えると辛いですが、

今は休ませるために食べないでおこう。

と思えば、辛くないですよ。


夏の暑さで食欲がない。。。

という時も一緒です。
posted by 健心整体 at 16:46| Comment(0) | 健康

2019年06月24日

【問診について】

一般的に、病院やその他の医療機関等にかかる時は、

『問診』といって、今の症状や過去の病歴などを聞かれると思います。

整体業界においても、しっかり問診をすることが大事!

と言われる先生も多いようです。

しかし当健心整体では、あまり重要視しておりません。

一応、聞くことは聞くのですが、本当にサラッと。

話半分でしか聞いていません。

435d6186006c42e1ddace997c18c349c.jpg
カルテに記入してもらい、簡単にお話をうかがっている様子。


ひどいじゃないか!


と思わないで下さいね(^^)

ちゃんと訳があるのです。


例えば、

「右の腰が痛い。」

と訴えて来た人の体を診てみたところ、左の腰がおかしい。

なんてことは良くあることでして。


丁寧に体を診て行けば、本当の原因となる箇所は分かるのですが、

はじめに『右の腰』と言われると、

どうしても『右』がインプットされてしまいがちなのです。

なので、患者さんの言うことは話半分。

疑ってかかってます(笑)


その分、背骨ひとつひとつの声を聴くように、

手から伝わる感覚を大事にしています。

さらには顔色や表情、しぐさ、動き、匂い、温度、話し方・・・

などから、様々な情報を受け取って判断しています。

そうしたほうが、惑わされることなく、より正確な施術が出来る。

と思っています。


でも、いろいろ話したい。

という方もいらっしゃいます。

そういう方のお話は、ちゃんと聞きます。

話をすることで『ゆるむ』んです。

まずはゆるんでもらうことが一番です。


健心整体は、そんな処です。
posted by 健心整体 at 17:22| Comment(0) | プロフィール

2019年06月13日

【認知症と骨盤の関係】


超高齢化社会となり、いかに健康寿命を伸ばすか

が課題となって来ました。


健康寿命とは
日常的・継続的な医療・介護に依存しないで、自分の心身で生命維持し、自立した生活ができる生存期間のこと。
※Wikipediaより



介護が必要となる要因の一つとして、認知症があります。

そこで、気になる認知症について。


認知症は骨盤を整えることで防ぐことが出来る。

骨盤は、やや前傾しているのが良い状態。

ところが、年齢とともに骨盤は開き、後ろへ傾くようになって来ます。

Effect_20190613_173546.jpg
絵心なくてすいませんたらーっ(汗) 左:良い状態。右:いわゆる老人体形。


これを骨盤が下がると言ったりもします。

骨盤が下がると、連動している肩甲骨も開いて下がり、さらに連動している後頭骨までが開いて下がって来てしまいます。

後頭骨が下がると頸椎が圧迫され、神経血液の流れも悪くなり、視力の低下(老眼)、集中力の低下などを引き起こします。

が悪くなるのも同じ理由です。


ある調査によると、

歯が20本以下しか残っていない人は、20本以上残っている人の1.9倍も認知症のリスクが高いことが明らかになったそうです。

歯と脳は密接に繋がっていることがわかりますね。


つまり、骨盤をより良い状態でキープすることで多くの歯を残すことが出来、認知症予防につながるのです。


もちろん個人差がありますから、全ての人に当てはまるとは言えませんが、

出来ることはやっておきましょうよ! と言いたい。


老後は若い人や施設にお世話になる。

ということを前提に過ごすのではなく、

死ぬまで自分のことは自分でやる。


ぐらいの意識を持って過ごして行きたいですね。


毎週金曜日に開催中の体操教室も、参加者さんの平均年齢70歳超え!

みなさん、高い意識で通っておられます。

健康で元気な老後を迎えるために、整体を取り入れてみてはいかがですか?


ネット予約できます↓

クービック予約システムから予約する


posted by 健心整体 at 18:40| Comment(0) | 健康